大人の発達障害の女性が陥りやすいトラブルを知りたくありませんか?

      2017/03/04

発達障害恋愛トラブル

無料おためしプラン大好評です!!発達障害を克服したいあなたを全力でサポートします!!

大人の発達障害に男女差なんてあるの?とあなたは思うかもしれません。しかし、発達障害に男女差はあるのです。

症状に違いがあるのではありません。直面する社会生活に違いが出てくるのです。

大人の発達障害と恋愛

大人の発達障害の女性に特有なのは、恋愛に関する悩みです。恋愛に関して、相手との距離の取り方がわからなくてかえって嫌われてしまったり、恋愛依存症になってしまう人もいます。恋愛依存症になると、下心を持った人にたいへん引っかかりやすいので、夫やパートナーになってからDVなどの被害を受ける人も多いです。

恋愛依存症は、幼いうちは発症しません。

大人になって初めて気付く人が多いのですが、「恋多き女性」などの見方も社会的にはされますので、自分で依存症に気が付かずに年を取る人もいます。

親になっても苦労は付きまといます。夫に集中できない、常に新しいパートナーを求めてしまう、などの恋愛に対する困ったことは、子どもにもトラブルを起こします。落ち着きのない母親として、子どもに与える影響は大きいものがあります。

ただ、恋愛依存症の人は、これが困ったことだという自覚がないことがあります。

スポンサーリンク

この場合、同じような立場にたって相談に乗ってくれるピアサポートカウンセリングなどを受けると良いようです。

大人の発達障害とピアサポートカウンセリング

大人の発達障害でお悩みのあなたは、人に話を聞いてもらうことに怯えを感じているかも知れません。人の怒る姿をたくさん見てくると、人を怒らせないようにいい子になる習慣がついてしまっているかもしれません。人に不信感を抱いているかもしれませんね。

 

そんなあなたのために、同じ立場にたって話を聞いてくれるというピアサポートカウンセリングというカウンセリングの種類があります(ピアとは、仲間という意味です。実際に、体験者や仲間がカウンセリングをしてくれるところもあります)。

理解されないのは辛いもの。

沖縄県では、発達障害だけではなく、知的障害者やがん患者などにも、広くピアサポートが活用されています。

大阪府では、ピアサポート学会の全面協力で、ピアサポートを自分の病院に取り入れたい医師を応援しています。

これから全国的に広がっていくであろうことが想像できます。

パンフレットなども充実しています。

お悩みは多岐にわたっていることでしょう。

心の問題についてはカウンセリングを利用するのが解決への早道ですが、自分で使うお金の管理ができないなどの深刻な問題もあります。

こちらは、地域福祉権利擁護事業というものを利用することができます。

自分で自分の財産を管理できないときに、生活費の管理から計算、銀行の通帳を預かってくれて一緒に銀行に行ってくれたりするサービスです。

こちらは、地域の社会福祉協議会などを利用しましょう。

民間のほうが費用が高く、また、信頼という意味で公的機関に勝るものはありません。

 

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - お母さんのお悩み, お父さんのお悩み, 大人の発達障害 ,