トスカ(東京都発達障害者支援センター)で受けられるサービスとは?!(口コミ、評判もご紹介!)

   

トスカ発達障害支援センターサービス

ついに完成しました!!E-BOOK「発達障害を克服して幸福になる法則」

東京都発達障害者支援センター(トスカ)とは?!

トスカ、とはいったいなんなのでしょうか?

東京都発達障害支援センター(Tokyo Support Center for Autism and Pervasive Developmental Disorders)これの略称がずばりトスカです。

 

近年、発達障害支援法によって各地に発達障害支援センターが開設されました。

 

それらの元は社会福祉法人の施設であった場所や、こども専門の病院、専門機関などのようです。

 

そして東京の発達障害支援センター(元は社会福祉法人泉)がトスカと呼ばれるものであります。

 

これは平成15年に東京都自閉症・発達障害支援センターとして開設されました。

スポンサーリンク

さて、ここからは発達障害支援センターとはそもそもなんなのか、トスカとは何なのかについて触れていきたいと思います。

 

発達障害支援センターは名前のとおり発達障害のあるかたを支援する福祉施設です。

 

ここでは発達障害である本人はもちろん、家族、関係機関(学校、会社)ほかの支援施設などのかたも相談をすることに対応しています。

 

また地域との関係性や繋がりを持つことの手伝いなどの役割を担っているみたいです。

 

そのほか学校や会社、支援機関などへの研修等も行っており、幅広い対象に、幅広いサービスを提供しているようですね。

 

様々なサービスの中で主に行っているのは相談地域支援普及啓発のようです。

 

では実際のところ、どんなサービスが受けることができるのでしょうか。

 

具体的なものを見ていきましょう。

 

またそれらを受けた人の実際の反応はどうだったのかその部分についても触れていきましょう。

 

トスカについてではありませんが、これは筆者自身、他県の発達障害支援センターを利用歴があり、おそらくですがサービス内容は大きくは変わらないと思うので、そこも踏まえ、私は東京に住んでいないという人も参考になるのではないでしょうか。

 

 

トスカで受けられるサービスについて

まずサービスについて触れる前に利用方法などについて簡単に説明していきます。

 

利用方法には実際に来所して行う場合と、電話、メールなどで行う場合があり、来所の場合は予約をとることから始まります。

 

そこで初日の相談日程を決め、それぞれに担当のひとが割り当てられます

 

利用料金は基本的に無料であり、利用できる人は先ほども述べましたが、発達障害(診断を受けていなくても可)である本人、家族、関係している人などです。

 

次に本題に入ります。

まず大前提にここでは発達障害であることの診断や検査を行っているわけではないということです。

そんなサービスの枠組みの中で重要なのはやはり相談支援というものではないでしょうか。

 

相談支援は担当者による相談を行い、何に困っているのか、発達障害かもしれないが病院に行くのがいやな人、日常生活の悩みなど、種種雑多なことについて真摯に聞いてくれるのです。

 

そのなかで発達障害についての簡易な検査や、悩みなどを記録し、その人の特徴、性質を踏まえたうえでの支援を行ってくれることが特徴です。

 

闇雲に支援をするのではなく、人それぞれにあったプラン、ペースを提供してくれることが発達障害の人にとって魅力的なではないでしょうか。

 

また相談は専門家、知識を持っている人が行ってくれるにもかかわらず無料であり、これは病院のカウセリングにかかったら2000円程度必要になってきます。

 

この点においても利用しやすさを感じる部分であると思います。

 

相談支援を何度か行ったうえで、その人が就職したいという場合は職業訓練として簡単な作業を行うことや持久力などを伸ばしたり、ハローワークと連携し企業の説明をうけたり、また実際に仕事をしてみるなど一種職業体験のようなものを行っているところもあります

 

実生活を改善したいという場合はその人の苦手な部分を克服するためのトレーニングや、日常生活のなかでの生活スキル向上のために自分自身の得意不得意、何が課題なのかを見極め、対応していく手伝いをしてくれます

 

このように相談の中で、特徴をつかむこと、本人がどのようなにしていきたいかを踏まえ、ニーズにこたえた支援を行っている施設です。

 

そして本人に限らず、発達障害の方の家族も同様の相談などが受けられます。

 

具体的には子供が発達障害と診断され、どのようにしていけばいいのか分からない、もしかしたらうちの子は発達障害なのでは、など悩んでいる方にとって接し方や、発達障害についての基本的な知識などを教えてくれるということです。

 

トスカが特別というわけではなく各地で同様のサービスを受けられるため、近い場所の相談窓口を探してみるといいかもしれません。

 

電話でも丁寧な相談を受けることはもちろん可能です。

 

ほかに支援者側の相談も受けることが可能なようです。

 

つまり発達障害支援施設などは近年ふえつつあり、その施設自体が困っていることにも対応してくれる、いわば支援施設の総本山的な役割を担っているものであると思います。

 

またこれに関しては研修や講演会などを行うために講師を派遣するサービスも行っているようです。

 

しかしこれだけメリットもあるとデメリットもあるのではないかと思うかもしれません。

 

人それぞれにあった支援をそれぞれのペースで受けられる、しかも料金は無料です。

 

次に触れていく部分ではありますが、私自身感じたデメリットは予約の取りづらさと、利用頻度が限れる部分ではないかと思っています。

 

では実際の口コミなど評判についてみていきましょう。

 

 

トスカの口コミ・評判についてのまとめ

トスカの評判はここまでで予想できるように、とてもいいものであると思えます。

 

実際に利用して人の声としては

  • 「時間を長く取ってもらい、親身に話を聞いてもらい楽になった。」
  • 「子供の発達障害について理解が広がり、納得をすることができた。子供に対しはじめて向き合う姿勢をとれた」
  • 「作業を通じて、友人ができ生きる楽しみを見つけることができた」

などがありました。

 

その反面少数ではありますが

  • 「態度が攻撃的に感じられ、逆にこころが動揺してしまった」
  • 「病院やカウンセリングとなんら変わらないように感じた」

などの声もありました。

 

そのなかでもっとも多かったのは

  • 「電話がつながらない」
  • 「予約を取れるのがかなり遅くなった」

などのものでした。

実際、私自身も予約から初日の相談までに1ヶ月近くのずれがあり、当時の悩みとは全く別の悩みを相談した覚えがあります。

 

また予約を取ろうとするとそこにも開きを感じる部分がありました。

 

しかし相談者の人は優しい物言いのかたでそれ以外に悪いと思った部分はなかったと思います。

 

いい相談員に当たらなかった、自分にあった相談員ではなかった。

 

そんな風に感じたかたは相談員を変えてほしいと伝えることが大切になってくると思います。

 

どんなによい部分があっても、悪い部分はあるものですね。

 

しかしほとんどの人は満足、もしくは何かしら感じる部分があったからこその評判なのだと思います。

 

それも踏まえて、自分にあった利用方法を見つけることが実は一番重要なのではないでしょうか。

 

結局筆者は利用を途中でやめ通院をメインに社会生活を送ることにシフトしました。

 

東京都発達障害支援センター、トスカ、支援としてかなり魅力あるものだと思います。

トスカを利用するにしても、しなくても、自身のペースに合わせて、自分自身を理解し、うまく利用できることがどちらにせよ発達障害というものに向き合い、困難から脱出できる近道ではないでしょうか。

 

いま困難、つらさを抱えている人も今一度考えてみてください。

 

発達障害の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - お子さんのお悩み, お母さんのお悩み, お父さんのお悩み, 大人の発達障害, 発達障害支援センター , , ,