発達障害から来る適応障害の治療法に関心はありませんか?

   

発達障害適応障害

無料おためしプラン大好評です!!発達障害を克服したいあなたを全力でサポートします!!

1.発達障害の適応障害とは何なのでしょうか?

精神疾患である適応障害とは、ある環境に置いて適応することが出来ないために、心身ともに疲れ、症状が発生する精神障害です。

 

合わない環境下に無理に居続けることで、心が悲鳴をあげているサインなのです

 

どんな症状があるのでしょうか?

~主にこんな症状があります~

 

  • 特定の環境下で強い不安や憂鬱を感じる
  • 学生なら不登校、社会人なら無断欠勤など集団生活から遠ざかる
  • 暴言や暴力など攻撃的な言動が目立つ
  • 暴飲暴食、アルコールの過剰摂取

 

などがあります。

特定の環境下で発症する障害のため、感覚過敏や不得手なことが多い発達障害者は適応障害になりやすいと言えます。

 

 

2.発達障害から来る適応障害の主な原因とは?

発達障害から来る適応障害の場合、就職がきっかけで発症する場合があります。

 

発達障害者の就労に関しては、大きな問題です。

 

仕事で心身共に疲れてしまい、うつ病やアルコール依存症などを発症することがあります。

適応障害もそうです。

 

<<就職がきっかけで発症する3つの原因>>

 

1.向き不向きが分からずに、合わない仕事を続けている

はじめての就職の場合、仕事の向き不向きが分かりません。

なので、自分の適材適所を無視して就職先を選んでしまうことも多いです。

合わない職種を選んでしまうと、そこからが大変です。

 

ものづくりが得意なのに、接客業を選んでしまった

大卒なのに新卒で就職できずに、土方をやっている。

ADHDだけど事務職をやっている。

 

・・・など就きたい職種、得意ば分野、あるいは苦手な職種、苦手な環境など人により様々あります。

それらを考慮せずに、すっかり忘れて就職先を選ぶと、自分の特性、性格を活かせずに後悔します。

 

努力で何とかなる問題ではないことも多々あります。

「努力が足りない」「怠けているだけ」だと思い込んでる当事者も少なくありません

 

それは勘違いなんです。勘違いで自分を追い詰めないでください。

 

また周囲からも怠け、努力不足など、そのように言われることが多いです。

合わないものを無理に続けていくと、精神的にどんどん追い詰められていきます。

 

2.人間関係がうまくいかない

仕事では報告連絡相談や雑談などコミュニケーションが求められる場面が多いです。

発達障害者はコミュニケーションが苦手な人が多く、うまく周りとコミュニケーションが取れず、ストレスになります。

 

対人関係が築けないので、困った時に助けてもらいづらくってしまいます!

 

退職する理由の原因第一位は「人間関係」です。

上司の仕事のやり方が合わない、同僚や先輩とうまくいかなかった、社長がワンマンなど、色々な事情があるようです。

 

健常者でも人間関係でストレスになっているのですが、人間関係が不得手な発達障害者はそれだけで、ストレスフルで居心地が悪くなってしまいます。

 

3.仕事が出来ない

仕事の方もなかなか覚えることが出来ずに、何度も同じ失敗を繰り返すこともあります。

細かいミスを連発する、忘れてしまうなどの発達障害特有の症状が災いして、仕事が出来ない、仕事が遅いなどの結果を招いてしまいます。

 

人間関係がうまくいかないこともあって、周囲からは白い目で見られてしまい、どんどんストレスを蓄積させていきます。

発達障害者の就労は鬼門だと言われているほど大きな問題です。

 

 

合わない職種を無理に続けている、人間関係がうまくいかない、仕事が出来ない

「就職」だけ見ても3つほど原因が思い当ります。

 

 

3.発達障害から来る適応障害の治療、改善について

適応障害はどんな治療法があるでしょうか?

詳しく書かれてるサイトがありますので載せておきます。

 

↓↓一般的な治療法が載っているサイトです↓↓

適応障害ガイド

 

適応障害の一般的な治療法では

◆精神療法

カウンセリング、物事の捉え方を変える認知療法などがあります。

 

◆薬物療法

うつ病の治療にも使われるSSRIや抗不安薬などで憂鬱や不安感を解消させます。

 

◆生活療法

就寝時間や起床時間を一定の時間にする、適度な運動をするなど生活リズムを整え体調を回復させます。

 

の3つの療法になります。

 

仕事が原因の場合、医者から休職を勧められます。

一定の期間休養することで、心身の疲れやストレスを解消させ、回復させます。

しかしながら、これだけでは一時的な対処にすぎません。

 

上にあげた3つの療法で治療を試みながら、

  • SST(ソーシャルスキルトレーニング)を受ける。
  • 発達障害を理解してくれる仲間や居場所を作ること。
  • ブレインダンプなどで自分自身のことを把握する。(向き不向き把握することで合わない職種や環境を避けることも出来ます)

など要は適応障害の根本的な原因となった大元をなんとかすることです。

 

仲間や居場所を作って悩みを話して気分をリフレッシュさせたり、元気をチャージ出来る場所も必要です。

 

元をなんとかしなければまた再発する可能性だってありますし、症状も長引いてしまいます。

 

合わない仕事はやめる、合わない人や環境は遠ざかる。

 

何の捻りもなく感じますが、これほどシンプルで且つ強力な治療はありません。

 

適材適所、合う環境で頑張っていきましょうよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - お子さんのお悩み, お母さんのお悩み, お父さんのお悩み, 大人の発達障害 , , ,