発達障害のため趣味を楽しめないことないですか?!(原因と対処法のまとめ)

   

発達障害不安解消

ついに完成しました!!E-BOOK「発達障害を克服して幸福になる法則」

投稿者;YUUMA

 

ある相談者さんとのコンサルティングで、「私は、今、楽しいと思える趣味を持っていないんです。みなさんがよく楽しいと思える音楽、映画、漫画、小説、ゲームなどが楽しいと思えないんです。」とカミングアウトされました。

 

その相談者さんは、ADHDとアスペルガーの特性を持っています。

 

確かに、自分の過去を思い返してみると、そういうところあったなと納得しました。

 

僕の場合、漫画が読めませんでした。特に、みなさんも子供の頃、経験があると思いますが、友達の家に遊びに行って、その家の漫画を読むということができませんでした。

どこか、落ち着かなくて、友達はみんな漫画を読んでいる中、ひとりゲームをしていた記憶があります。

 

その反動で、今は漫画を読み漁っています(笑)

 

そんなこともあり、その相談者さんに少し共感できました。

 

音楽、映画、漫画、小説、ゲームなどの趣味が無いと、人生の楽しみも半分、失っているようで、もったいないような気もしますよね。

 

では、なぜ、こういった楽しいと思える趣味を、発達障害者の中には持てない方がいるのでしょう?

 

 

発達障害者が趣味を持てない原因とは?!

発達障害音楽

発達障害者が趣味を持てない原因を、実体験も参考にして考えてみました。

 

  1. 新しい事を次から次に受け入れる変化を恐れている。
  2. 何か1つでも心配事があると、そちらに気を取られ、趣味を楽しめない。

 

1に関して、

発達障害者は、新しいことを受け入れる変化を非常に恐れます。なぜなら、現状で今までやってこれているから敢えて変える必要はないと思っているからです。

定型の方でも、この恐れは持っているのかもしれませんが、発達障害者は、特にこの恐れが強いです。

 

この恐れが趣味を楽しめない理由だと思います。

 

 

2に関して、

発達障害者は、一度に複数の作業が出来ないという特性があることもあり、1つ気にかかることがあると、そちらに気を取られて趣味を楽しめないということもあります。

 

この場合、早急にその心配事を自分の中で何らかの答えを出し、気を落ち着かせる必要があります。

このことは、過去記事にも詳しく書いてありますので一読ください。

日常的に悩み事が絶えないことはありませんか?(漠然とした不安感に対する対処法)

 

 

趣味を楽しめないこういった原因はありますが、全く打ち込めるものが無いのかといえば、そうでもなのです。

 

好きなものは、とことん好きなのです。

実際に発達障害者の中には、『好きな楽曲を延々とリピートしてみたり、好きな映画のシーンを繰り返し見続けたり』するのです。「僕も好きな曲を自宅でリピートし過ぎて、よく嫁さんに呆れられます。。(笑)」

 

いろいろと趣味を持てない一方で、1つ2つ、少ないけれどこだわりにも似た、打ち込めるものを持っている。

 

 

この特性を活かして、どのようにうまく発達障害と付き合っていかなければいけないのでしょう?

 

 

趣味を楽しめないことへの対処法について

発達障害不安解消

発達障害者が打ち込めることは何かと考えた時、

 

  1. 現在の不安を和らげて解消してくれること。
  2. 現在の不安に関係すること。

 

この2つのケースが多いと思います。

 

ですので、あれこれと趣味を持ってみても、発達障害者の特性に合っておらず、結局、何も身に付いていないということにもなりかねませんので、今、一番、気になることをとことん追求することで良いと思います。

 

ともすれば、それが将来の仕事や人生で追い求めていたことになるかもしれませんしね。

 

今回は、趣味を楽しめないことに関してでした。

 

発達障害のお悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - お子さんのお悩み, お母さんのお悩み, お父さんのお悩み, 大人の発達障害 , ,