発達障害者就労支援センターで受けられるサービスとは?!(全国各地センターの話題の取り組みまとめ)

   

発達障害者就労支援センター

ついに完成しました!!E-BOOK「発達障害を克服して幸福になる法則」

発達障害者就労支援センターとは?!

発達障害者就労支援センターとはその言葉のとおり、発達障害者の就労へのサポートを支援してくれる施設です。

 

「すぐに就職したい」「就職先を見つけて、紹介してほしい」「発達障害で困っていて相談に乗ってほしい」「今すぐではないが、就職に向けて徐々に準備を始めて行きたい」こんな声に答えるように各地域に設置してあるものです。

これは各都道府県などが民間の企業などに委託しているなど様々な形態があるようで、一口に発達障害者就労支援センターといってもそれぞれのホームページを見比べてもらわないと分からないかもしれません。

 

ジョブセンターという名称を使っている場合もあります。

ではそんな発達障害者就労支援センターは発達障害者支援センターなどの施設とは何か違いがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

まず大きな違いは言葉からも分かるように焦点をあてているものが就労、就職ということではないでしょうか?

受けられるサービスは2にて触れていきますが、たとえば発達障害者支援センターでは相談支援で私生活を送る上での悩みや、発達障害の諸症状に対しての対応などについて一緒に対策を練ったりとフォーカスはどちらというと生活全般の困難さなどにあてられているように感じます。

もちろんハローワーク等との連携などを行い就職に向けての補助なども受けることができる全般的な対応が発達障害者支援センターの魅力でもあると思います。

それに対して発達障害者就労支援センターは就職についての相談か支援しているもののようです。

 

発達障害のかたは受けられるサービスなどの違いをみて、どちらを利用するか考えてみるといいかもしれませんね?

 

 

受けられるサービスとは?!

では早速ですが受けられるサービスについてひとつの発達障害者就労支援センターのものを見ていきましょう。

 

そしてさらに具体的にはどんなことを行うのかいくつか見て、より必要なものを探せるといいですね。

 

基本的には就労相談、能力評価、就労訓練、企業調整、職場定着の一連の流れをとおしてサポートを受けられるようです。

就労相談…発達障害のある本人、家族、関係者の方々からメールや、電話を通して相談を受けられる。

 

能力評価面接や作業を通して、得意・不得意、向き・不向きなどその人の特徴、特性などを見極めます。(直接面談ももちろんあるところはあります)

 

就労訓練…本人の特徴、適正などを踏まえて、その人にとってよりよい、よりあった職場へつなげていけるよう、擬似オフィスでの訓練、作業なども通して社会性などの力を身につけていきます。

 

企業調整企業に対して発達障害の正しい理解や、受け入れ態勢を整えてもらえるようにアナウンスをしていきます。

 

職場定着…就職後も就職先の企業に職員が職場訪問をし、困っていることなどを職場の方も含めて話し合いをし、改善をし、仕事の定着を目指します。

 

以上の5つを通しての支援ですがこれだけ見ても擬似オフィスなどほかの支援センターなどとの違いを感じますね。

もちろんこの発達障害就労支援センターでの取り組みもあるかと思いますが、基本的には相談などで就職への悩み、希望などを考えていき、実際に得意・不得意など適正を探していき、そして企業との連携なども含めて定着化を目標に取り組むこの流れはほかもあまり変わりませんでした。

 

では次に就労訓練などは具体的にどのようなことに取り組んでいるのかみていきましょう!

 

まず実践的なことで行くと事務の一連の仕事をできるように電話対応、書類整理、パソコンの扱い、その他職場で求められるものを訓練として行います。ほかに電卓作業、郵便物の仕分け、荷物の梱包などの軽作業を行い集中力・持続力などを身につけます。

 

つづいて就職に向けて、履歴書の書き方、求人の探し方などを教えたりもします。

そのほか就職、その後も含めての体力づくりをウォーキングで行ったり、ストレスなどに対処するために休みの取り方などを自分にあった方法でできるような訓練もします。

 

これら以外に面白いと感じたのは対処力をつけるトレーニングです。

これは仕事上でおきうるトラブルなどをロールプレイをとおして、どのように対処していけばいいかの能力

を伸ばすものです。

発達障害という部分においては最後の対処力を伸ばす訓練は非常に的を得ているものだと感じました。

 

これらの具体的な訓練などをとおし、実際に職場でもやっていけるような基礎力をつけていくんですね。

 

私としては訓練というものはもちろん大切になっていくと思いますが、より発達障害者就労支援センターで見てほしいものは、定着化という部分です。

発達障害者はその程度に差はあっても何らかの弱点を持っています。

それが原因で心の病になったり、挫折してしまうこともあります。

 

その弱点を完璧に消し去るのは難しいと思うので、訓練で少なくすることはできると思いますが、そこも踏まえると定着のためにどれだけのサポートを受けられるかが発達障害者が働くことを成功させるための鍵となるのだと思います。

 

もちろん人それぞれ思うことはあると思いますが、就職を考えてこの施設を利用しようかなと考えるときに定着化の支援を考慮に入れてみてはいかがでしょうか?

全国各地の就労支援センターの話題の取り組みのご紹介

発達障害者就労支援センターでは各地によってはすこし異なった取り組みをしているところもあるようです。

最後にそこについて少し触れていき、自分の住んでいる地域にはあるのかな?どんなことをしているのだろう?と興味がでたら調べてみてください。

 

ジョブセンター川口

ここでは上記で触れたようなオフィス型トレーニングを重きにおいているセンターのひとつです。

まずここの魅力というオフィス環境をで就労に対するイメージをつけることにあります。

発達障害者に限らず、働くことへの理想と現実のギャップにストレス、きつさを感じてやめてしまう人は増えているようです。

その点、実際の環境である種のイメージを作っておけばギャップを抑えることにつながると感じます。

またワンストップ支援という一連の流れをトータルに支援を受けられることも見食であると思います。

 

相談はここで、作業はここでとなってくるとその人自身も戸惑いを感じたり、しっかりした対応は期待できないと思います。

 

長崎

ここは発達障害者支援センターではあるのですが、就労支援という部分については取り組みが熱心なので取り上げます。

ここでは作業、訓練などを通して、就職に対しての知識などを身につける取り組みはもちろんありますが、注目すべきは就労前体験実習だと思います。これも就労前に実際の現場、職場の空気感を知ることができギャップを減らすことができそうですね。

このような取り組みはいかに地域などに理解を示してもらえるかが大切になってきますよね。

 

各地でというわけではありませんが、それぞれの地域で講演会、研修会などを開き、より理解を深めるという活動はあるようです。

これらも話題の取り組みのひとつだと私は思います。

 

ほかの地域では一体どのような取り組みをしているのでしょうか?

それぞれのホームページをみてみるのもいいでしょう。

 

新たな発見があるかもしれません。

 

就労支援はこれから発達障害への理解が広まるにつれ、より充実していくと思います。

 

みなさんは発達障害者の就職でどんな支援をしていけばいいと考えますか?

今一度考えてみてください

ありがとうございました。

 

発達障害の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - お子さんのお悩み, お母さんのお悩み, お父さんのお悩み, 大人の発達障害, 発達障害支援センター , ,