発達障害者が障害者手帳を取得するとこんなにもメリットがあります!!

      2017/03/15

発達障害大人精神障害者福祉手帳

ついに完成しました!!E-BOOK「発達障害を克服して幸福になる法則」

発達障害者が障害者手帳を取得するメリットなど

発達障害者の取得できる手帳は、「精神障害者保健福祉手帳」というものです。

取得するには病院での手続きが必要だったり、お金が掛かったりと面倒ですが、所持すると色々なメリットが生じます。

 

例えば次のようなものがあります。

①公共料金の割引。

②税金の控除、減免。

③携帯料金の割引制度が利用できる。

④障害者枠での就職ができる など…

 

特に④についてですが、障害者枠で就職する際、手帳は必須です。

スポンサーリンク

近年、発達障害者支援法が改正されたため、企業は障害者枠を増やすことが予想されますが、そちらも手帳無いと利用ができません。

障害者手帳に抵抗のある方も多いかもしれませんが、取得にはデメリットは無くメリットばかりですし、就職にも有効です。

そのため、手帳の所持をお勧めします。

 

 

大人の発達障害の改善方法

発達障害の改善方法についてはこちらのサイトでも度々ご紹介してきましたが、再び簡単に取り上げたいと思います。(詳細を知りたい方は、過去の記事をご覧ください。)

 

大人の発達障害を改善できる医学的、心理的な方法には、現在のところ以下のようなものがあります。

 

・ADHD向け 薬物治療 (薬物療法はADHD「じっとしていられない(多動)、ミスを犯してしまう(不注意)、思ったことを口に出してしまう(衝動性)、などの」には存在しますが、アスペルガー、学習障害を直接改善する薬は現在開発されていません。

 

残念ですが、他の方法で改善するしかありません。

ADHDの特効薬としては、ストラテラ、コンサータなどがあります。

 

ただ、これで症状が劇的に改善する人も変化がない人もいます。

 

また副作用も懸念されます。

 

専門医とよく相談して処方してもらいましょう。

 

・アスペルガー向け ソーシャルスキルトレーニング、 こちらは主に発達障害支援センターやこちらのサイトでも受けることができます。

空気の読み方や社会のルールなどを、訓練によって学ぶプログラムです。

 

対人関係を不得意とするアスペルガーの人でも、コミニュケーションスキルが得られるように、独自のやり方を展開しています。

「友達がいない」「対人関係でトラブルを起こしやすい」といった人は検討してみてください。

 

発達障害のお悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - お子さんのお悩み, お母さんのお悩み, お父さんのお悩み, 大人の発達障害 , ,