発達障害の方が老後で注意しなければいけない事とは?!

      2017/03/04

発達障害大人老後

ついに完成しました!!E-BOOK「発達障害を克服して幸福になる法則」

投稿者;HIROTO

 

発達障害は最近になり注目が集まりつつあるので

まだデータや情報がそこまでありません。

 

ということは発達障害者の老後は

未知の分野であり、当事者が皆考えなければいけない今後の課題でもあるわけです。

 

早いうちに生活プランを練っておいた方が良いですね。

スポンサーリンク

 

老後をどう生きるのか

貯金はいくら必要なのか、人付き合い(孤立しないように普段からの人付き合いは大事ですね)

終活のこと、住まいなど

年を取るにつれて病気を発症しやすくなっていきます。

 

若くても発達障害があると

就労が難しくなるのに、高齢になるとますます就労が困難になります。

貯金を崩しての生活していくしかなくなります。

 

さらに年をとると脳の働きが鈍っていきます。

頭が固くなりこだわりが強くなる

さらにはぼけやすくなって、ますます物忘れがひどくなります。

認知症になりかねません。

 

健常者でも同じことが言えますが

脳は使っていないとぼけるように出来ていますので

脳を使いぼけさせない生活を送ることで

シャープに保っておくとぼけ防止につながります。

 

現役世代のうちから生きづらさを抱えて参っているのに

老後のことなんて考えられないかもしれませんね。

40代、50代になったらじっくり考えるとしましょうか。

 

発達障害のお悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - お母さんのお悩み, お父さんのお悩み, 大人の発達障害 , ,