【図解】乳幼児期の発達障害の特徴について(年齢別の検診もご紹介!!)

   

乳幼児発達障害特徴

ついに完成しました!!E-BOOK「発達障害を克服して幸福になる法則」

こんにちは。YUUMAです。

 

今回は、小さいお子さん、特に就学前の乳幼児を子育て中のあなたにお伝えする内容です。

 

あなたは、子育てをしていて、お子さんに違和感を感じたり、同年代の子供と比べて違うところを感じたことはありませんか?

 

実は、この時期のお子さんの発達障害を気にされる親御さんは、多いようです。

 

この乳幼児期の発達障害の診断は、年齢が若ければ若いほど、難しいのですが、なるべく早く見つかると、早期に治療もできて、お子さんの気持ちの負担も減るかもしれません。

スポンサーリンク

ということで今回は、乳幼児期の発達障害の特徴と各年代別の検診についてもお伝えします。

 

 

出生から就学までの発達障害の特徴

 

出生から就学までの発達障害の特徴はこのようになっております。

 

乳幼児発達障害症状図

 

 

お子さんひとりひとり成長の個人差がありますので、違う年齢に特徴が出る子もいるかもしれませんが、ひとつの症状の目安にして頂けたらと思います。

 

 

年齢別の検診について

各年齢で受ける検診で、発達障害を発見することもできます。

 

1歳半検診

この時期の発達障害の診断も難しいのですが、発達に遅れはないかなどを診て、目立った特徴だと、発達障害の疑いをかけることができます。

 

3歳児検診

この年齢で発達障害があるかないかを診ることができ、正式な発達障害の診断が下りることが多いです。

 

5歳児検診

3歳児検診の時より、発達障害の特徴が解りやすく出る年齢なので、より正確な診断が下せます。

 

就学時検診

この時期の検診では、集団の中でのコミュニケーション、協調性を取れるかなどを診て、普通学級でいけるかどうかの診断が下ります。

 

 

まとめ

乳幼児期の発達障害の診断は難しいですが、各年齢の検診で発達が順調なのか、それとも遅れているのかをしっかり診てもらうことが発達障害を早期発見する近道になると思います。

 

発達障害の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - お子さんのお悩み, お母さんのお悩み, お父さんのお悩み , , , , ,