正常な愛情には段階があることを知っていますか?!(ハーロウのアカゲザル実験成果を解説!!)

   

絶賛好評中!!E-BOOK「発達障害を克服して幸福になる法則」のお知らせ

どうも。YUUMAです。

いつも記事を読んで頂きありがとうございます。

ここで書く大学に関する記事は、発達障害とは畑違いの内容で退屈されている人もいると思います。

来学期は、『発達心理学』を専攻しましたので、発達障害のテーマが多くなると思います。

 

さて、今回は『心理学の先人シリーズ』で、愛情を研究した「ハリー・ハーロウ」をご紹介します。

今回も発達障害とは関係ありませんが、しばしお付き合いください。

ハーロウはサルを使った実験で愛情を科学的に実証した心理学者で、研究を発表した後はテレビでも引っ張りだこになり、当時、世間を席巻した人です。

私も興味がある心理学者のひとりです。

 

そんなハーロウは、どんな育ち方をして、またどんなキッカケで歴史に残る研究をすることができたのでしょう?

 

 

ハリー・ハーロウとは

ハリー・ハーロウは1905年にアメリカアイオワ州東南部フェアフィールドで生まれ、子供のころは詩を書いたり、絵を書いたりするのが好きな芸術家タイプの少年だったそうです。

 

高校卒業後は、スタンフォード大学に入学、大学院まで進み、ラットの研究論文で博士号を取得し、その後はウィスコンシン大学に赴任しました。

ハーロウは、この時期に同じ心理学部のクラスメイトであったクララ・メアーズと結婚しています。

 

大きな希望を持ってウィスコンシン大学に赴任したハーロウでしたが、大学にはラットの研究室が無く、途方に暮れたハーロウは近くの動物園に通い、そこのオラウータンに知能テストを行ったそうです。

これが彼のサル研究の始まりでした。

 

そして、ハーロウが愛情に関心を持ち始めたのが、実験用のサルが床に引いた布に強く執着し、汚れた布を取り換えようとすると異常なまでの行動を見せたことに始まります。

 

ハーロウは、なぜサルはそこまで汚れた布に執着するのか?!という発想から次の実験を行っています。

 

 

代理母に対する子ザルの反応実験

この実験は、次のような4種類の針金製の母型模型を作り、子ザルがそれぞれ過ごした時間を測定する実験です。

①哺乳瓶が付けられ授乳可能な針金むき出しの母型模型

②哺乳瓶が付けられ授乳可能な柔らかい布で覆われた母型模型

③哺乳瓶が付いていない針金むき出しの母型模型

④哺乳瓶が付いていない柔らかい布で覆われた母型模型

結果が次の通り。

ハーロウアカゲザル実験グラフ

グラフを見て明らかに解るのは、授乳できるできないに関わらず布製母と過ごす時間が圧倒的に多いです。

授乳できる方はできない方より若干、有利で、最も過ごした時間が短かったのは「授乳できない針金製母」でした。

 

これから解ることは、子ザルが求めているもの、それは、飢えや渇きを満たすミルク以上に、布製の母親に触れた時の心地よさであるということ。

ちなみに代理母は子ザルに不快な刺激を与えるものであっても一向に離れようとしなかったそうです。

健気ですよね。

 

布製の母親に触れた時の心地よさを、心理学用語で『接触の慰撫』と言います。

この「接触の慰撫」も適時があり、次のような愛情段階の中で育みます。

 

ステップ1 臓器的・反射的愛情

最初の愛情で自己本位なものです。

 

ステップ2 慰撫と愛着の段階

子どもが母親に自ら接触できるようになると、この段階に進み、接触の慰撫の重要性が増します。

 

ステップ3 安心と依存の段階

子どもが特定の対象に愛着を形成すると、次に子どもは、母親の手の届く範囲から少しづつ離れ、好奇心に従って様々な探索をするようになります。

時が経つにつれ、子どもが探索に出る時間は長くなり、母親のもとに戻る頻度も減ってきます。

 

 

5つの愛情系について

また、愛情系には5つの種類があり、それらは順序立っているとハーロウは言っています。

さらに、あるステップが正常に発達しなければ、次のステップの愛情の基盤が作れないそうです。

ステップ1 母性愛

    ↓

ステップ2 子ども愛情

    ↓

ステップ3 仲間の愛情

    ↓

ステップ4 異性愛

    ↓

ステップ5 父性愛 

 

 

最後に

歴史的な研究成果を発表したハーロウでしたが、サルを使った研究があまりにも残酷すぎると動物愛護団体から非難され、その後、実験動物保護運動の流れができたほどでした。

心理学での研究の数々は、このような倫理を冒す危険を秘めているし、実験、研究する際は、常に倫理観とは隣り合わせであることを忘れてはならない。   

 

こころのお悩みを相談したい方はこちらからどうぞ

参考サイト

・ハリー・ハーロウ「愛のなりたち」と言う研究

・発達科学の先人たち

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - お子さんのお悩み, お母さんのお悩み, お父さんのお悩み, 大学ネタ , ,