高次脳機能障害についてお調べではないですか?(症状、特徴、判断基準、原因、治療法、接し方のまとめ)

   

高次脳機能障害症状原因治療法接し方

ついに完成しました!!E-BOOK「発達障害を克服して幸福になる法則」

高次脳機能障害の症状・特徴について

高次脳機能障害という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

 

言葉としてはあまり身近なものではないと思います。

 

しかし、高次脳機能障害は発達障害、などの先天的なものとは違い、後天的なものであるため誰にでもなる可能性のある障害だといえるでしょう。

 

今回はそんな高次脳機能障害について、知っておいたほうがいいことについて触れて行きたいと思います。

スポンサーリンク

そもそも高次脳機能障害においての高次脳機能とは知覚、記憶、学習、思考、判断、などの認知過程と行為の感情を含めた精神機能を総称するものです。

そして、病気(脳血管障害、脳症、脳炎など)や自己(脳外傷)によって脳が損傷されたために、認知機能に障害が起きた状態を、高次脳機能障害といいます。

 

つまり砕いた言い方をすると、感じること、覚えたり、学ぶこと、そしてそれについて考え、判断を下すこと、この過程を認知過程といい、さらに何かを行ううえでの感情や情動を含めたものが脳に影響がある病気や、脳を怪我するような事故などによって損傷を受けて、障害をおこすということです。

すなわち、これは誰にでもなる可能性があるということですね。

 

では具体的な症状としてはどんなものがあるのか見ていきましょう。

 

記憶障害…これはいわゆる記憶喪失として知られているものです。事故や病気になる前の記憶が思い出せない「ここはどこ、私は誰?」のような症状を思い浮かべると分かりやすいかもしれません。また新しい経験にも影響がある場合も考えられ、何か新しいことをした出来事を覚えていられなかったり、予定、ものの置き場所なども覚えられないなどの症状もあるようです。

 

注意障害…これは周囲からの刺激などに意識を向けたり、集中をすることがうまくできなくなるものを言います。

長時間集中ができない、気が散りやすい、ミスが多くなる、興味が無くなる、片側のものを見落とすなどの症状が見られます。

 

遂行機能障害…これはなにかを行うとき、論理的に考え、計画、実行、解決、推測することができないというものです。また行動の結果を分析する、客観視するなどもできない状態にあります。

計画を立てられない、自分から行動できない、優先順位をつけられない、仕事の効率化・等質化などができないなど作業面などで大きく症状が出ます。

 

社会的行動障害…これは社会での様々な場面において、それらにあわせて、感情や行動などを適切にコントロールできなくなった状態を言います。

喜怒哀楽が出やすくなり、感情の起伏が大きくなることを自分で抑えることができない、浪費や過食などをとめられない、態度や行動が子供っぽくなる、じっとしていられない、空気を読む行動ができないなどの症状を起こします。

 

これらの症状はよく現れるものであり、このほかにもいくつか症状があります。

 

自己認識の低下…自分が障害であることをうまく認識できない治療拒否

失行症…道具がうまく扱えない、動作がぎこちなくなる

失認症…触れているものの形や色などが分からない、人の顔、ものが識別できない

失語症…スムーズに話しができない、話を理解できない、文字の読み書きができない

 

その他に身体障害が現れる場合もあり、その症状は多岐にわたります。

 

ここまで症状、特徴に触れてきてどう感じたでしょうか?

これらはどんな形で発現するかは分かりませんし、どの症状が大きく出るのかも分かりません。

ここからは判断基準や、治療などについて見ていきます。

 

 

高次脳機能障害の判断基準とその原因について

高次脳機能障害の原因ははじめに述べたように脳の病気や外傷です。

詳しく言うと脳の血管に関する障害であったり、脳に強い衝撃を受けてのものです。

これ以外にも脳の炎症や低酸素状態でおきるものもあります。

 

どれにおいても原因は先天的なものではありません

 

高次脳機能障害の診断はMRI、CT、脳波の検査、脳血流の検査など画像で行います。

また記憶検査、注意検査、遂行機能検査、知能検査などの神経心理学的な検査を複数しての診断もあります。

その他問診、何が生活で起きているのかなどの診察を行います。

これらの診断を行い診断基準に照らし高次脳機能障害かを判断していくわけです。

 

診断基準は

主要症状があるか…日常生活において困難・制約があり、それが記憶障害・注意障害・遂行機能障害・社会的行動障害を原因とするものかどうか。実際に脳の病気、外傷による損傷などがあったかどうかなどを診ます。

 

検査所見…MRI、CT、脳波などにより、認知障害の原因となる、脳の変化があるか確認します。

 

除外項目…身体障害をすでに診断されていたり、病気や受傷する以前に症状がすでに起こっていることや、先天性のある疾患、発達障害、生まれる前に脳の損傷があるなどの状態があるものを除外します。

 

これら3つすべてに当てはまると高次脳機能障害と診断されます。

では診断を受けて、どのように治療をしていくのか最後に見ていきましょう。

 

 

高次脳機能障害の治療法と接し方について

まず、高次脳機能障害の対応の基本的な部分です。

家族や、周囲の人は高次脳機能障害について理解をしましょう。

以前の脳とは変わっています。

そのために症状が起きているものがあり、以前のその人とはかなり異なる部分を感じると思います。

そのためその症状について理解を深めること、またそれを受け止め生活をすごしやすくする手伝いをすること、これらの最中に気長に付き合える忍耐力が必要となってくるでしょう。

そしてその人にあった環境を用意してあげましょう。

 

高次脳機能障害は脳に起きる損傷を原因としています。そのため、直接的に直すということが現代においては難しいものであるといえます。

周囲の人の理解、サポート、また環境を用意することで本人が生きていくことを助けることが治療の主体といえるのではないでしょうか?

 

具体的対応

症状別にその人にとって足りない部分を補えるように道具、環境、ほかの能力を駆使しサポートをしていくことが大切になってきます。

記憶障害などにおいてはメモ帳、張り紙、日記などで忘れてはいけないものを記録したりします。

 

注意障害においてはまず、集中することをひとつにしぼり、ひとつずつ確実にこなせるようにしたり、周囲にものが無い環境を用意し、気が散るのを防ぎます。

 

遂行機能障害では計画の段階でしっかりと補助をしたり、これもまたひとつの過程ごとの達成を大切にしていきます。

社会的行動障害においては周囲への理解を呼びかけたり、本人とルールを定めて、コントロールしやすい状況を作ります

 

これら具体的な対応は一例に過ぎません。

医療機関で専門家にアドバイスをもらってみたり、専門書を読んでいくことも大切になっていくと思います。

そして何よりもそれらの対応を定着させることが忍耐力を必要とすることです。

1日2日で変わることはできませんが、少しずつ対応できるようになることが重要となるでしょう。

 

ここまで高次脳機能障害にふれてきてどう感じたでしょうか?

脳の機能に障害があると感じるとどうしようもないように感じますが、脳機能は訓練しだいで回復する可能性ももちろんあるようです。

またほかの脳が分担して役割をもったりという場合もあるみたいです。

つまり、周囲のサポート、またこれからの対応次第では大きく変わることがあると思います。

 

自分には関係ないそう思っている方も、現実に大きく関係している方も意識をもって取り組むことをわすれないでおくことをお勧めします。

 

発達障害の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - お子さんのお悩み, お母さんのお悩み, お父さんのお悩み, 大人の発達障害 , , , , , ,