発達障害者の顔つきを特性別に分析!!(顔を覚えられない根本原因もご紹介!)

      2017/08/24

発達障害 顔つき

ついに完成しました!!E-BOOK「発達障害を克服して幸福になる法則」

1.発達障害者は顔つきに特徴があるのか?

発達障害者の人の「顔」は特徴があるのでしょうか。

ネット上や自らの体験等から特徴をまとめてみました。

 

アスペルガー

  • 端正な顔立ちでイケメンの人もいます。
  • 切れ長の目で、あごがとがっている
  • 彫りの深い顔立ち
  • 表情に乏しく、無表情でいることが多い
  • 童顔であり、子供の頃はかわいいと言われることが多い

 

ADHD

  • 顔つきが幼くて童顔である傾向があり、年齢不詳に見られます。
  • なぜか日焼けしにくいので基本的に顔は色白です。
  • えらが張っているので顔が大きめです。
  • 目に力がない
  • 目がよく動く、キョロキョロしている

 

どちらも童顔であり実年齢より若く見られることが多く、端正な顔立ちで美男美女であったり、「かわいい」と言われる傾向があるようです。

 

私見を言うと当事者会で会った人やsnsでつながってる人は雰囲気や顔つきがオタクっぽい人が一定数いました。

スポンサーリンク

服装や顔、言動などが地味だったりおとなしめの人などが目立っていたのを思い出しました。

 

しかしながらこれらの特徴に当てはまるからといって全員がそうだと言うわけではありません。

あくまで目安として考えましょう。

 

 

2.発達障害者が顔つきに特徴がある原因とは?

発達障害 釣り目

発達障害者は顔つきに特徴がありますが、その原因は解明されていません。

 

ダウン症では顔の中心部の骨の発達が、ゆっくりであるのに対して、顔の周囲の骨は、通常の速度で発達するからだとも言われています。

 

骨格の成長速度の違いによって、鼻が低く、釣り目がちになるようです。

発達障害も骨格の異常によるものなのかもしれません。

 

 

3.発達障害者が顔を覚えられないのは本当?

 

発達障害 顔を覚えられない

発達障害者は顔を覚えられない傾向があります。

 

その原因の一つに、人の顔を覚えられない相貌失認とよばれる脳の障害があります。

 

患者数は意外と多く、人口の2%ほどがこの障害にかかっていると言われています。

 

  • 家族や友達など身の回りの人、毎日顔を合わせている人まで誰だか分からないことがあります
  • 毎日会っている人でも、場所や服装が変わると誰だか分からなくなってしまいます
  • 知り合いと会っても誰だか分からないので、不愛想な対応をしてしまう

 

などの症状があります。

 

この障害のせいで職場で問題となり、社会的信用を失ってしまった人がいます。

 

人生を狂わせてしまうほどの深刻な脳障害です。

 

発達障害者の中には、この相貌失認を持っている人もいるのでなかなか顔と名前を覚えられずに名前を何回も聞いたりして不快な思いをさせてしまうこともあります。

 

ネット上でもチェックできるみたいですので、ぜひチェックしてみてください。

そして疑いがあるなら早めに診断を受けましょう。

 

発達障害者は人の顔に関心が無いため、なかなか覚えられないことがあります。

 

毎日会っている職場の同僚や上司、友達など、身近な人の顔が覚えられない、また服装が変わると分からなくなるとも言われています。

 

相貌失認ではなくてもなかなか苦戦されている人が多いみたいです。

 

人の顔を覚える時に、顔全体を覚えるのではなく、顔のパーツや体格、服装などで脳が覚えてしまってるパターンもあるので、顔そのものを見た時に誰だか思い出せないことがあるようです。

 

記事下部、参考サイトの「りたりこ発達ナビ」の記事を書いた人の息子さんがアスペルガーで、クラスメイトの名前と顔を覚える時に、学年、組、番号をセットで覚えたことで顔や名前もすんなりと覚えられるようになったのだとか。

 

彼は数字に強かったみたいなので、功を喫したのでしょう。

 

得意分野や好きな事などに関連付けて覚えることを意識すると覚えられるようになるかもしれません。

 

発達障害のお悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

参考サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - お子さんのお悩み, お母さんのお悩み, お父さんのお悩み, 大人の発達障害 , , ,