3歳頃のアスペルガー受動型の特徴を知りたくありませんか?

      2017/03/04

発達障害3歳アスペルガー受動型

ついに完成しました!!E-BOOK「発達障害を克服して幸福になる法則」

受動型3歳児の特徴について 

 アスペルガーや自閉症のタイプとして

 

(孤立型):他人との関わりを全く求めず孤立しても平気なタイプ

(受動型):指示待ち、受身でなら人と付き合えるタイプ

(積極奇異型):一方的に人と関わりを持とうとするタイプ

一見社交的に見えるが、振舞い方は独特で迷惑を考えない

などがあります。

 スポンサーリンク

3歳頃の子供の症状・特徴として、言葉の発達が遅い(2歳半になっても言葉が出てこないようなら注意)、言葉を話せてもオウム返しが目立ったり、会話のキャッチボールが出来ない、一方的に自分の言いたいことを言いまくるなら言葉をうまく使えていないということになります。

 

対人関係の特異性、3歳頃になると、人と関わろうとしない、1人遊びが好き マイペースである、一人遊びが好きで、周りが見えなくなるほどそれに没頭するなどがあります。

親が話しかけたりすると「ママあっち行ってて!」など親そっちのけで1人遊びに興じることがあります。

 

人と関わろうとしない、1人遊びが好きでマイペース。

コミュニケーションの受信は良いが、発信は苦手なタイプである。

主体性が無く流されやすいので誘われると断れません。

悪事にも加担してしまいます。

受身でなら人と付き合える。

普通に発達していけば受動型は1番よく働くタイプになっていきます。

 

3つのタイプの中では、社会適応もしやすいタイプなのではないかと思っております。

 

その他、人間の五感に関する感覚の特異性もあります。

 

極度の偏食(特定のものしか食べられない、ご飯と納豆しか食べないなど)、視覚過敏、触られるのが嫌い、聴覚過敏など

過敏である、逆に鈍感である場合もあります。

 

痛みを感じにくく体をぶつけたり、指を切って出血したとしても痛みを感じず、出血したことに気づかない。

 

強いこだわり(ジャムはイチゴ、シャワーでは頭、手、足の順に洗うなど)、こだわりから外されるとひどくパニックになり泣き叫ぶようになります。

 

このようにアスペルガーや自閉症の症状は多岐に渡ります。

3歳頃のお子さんにもこうした症状があるなら早めに受診をお勧めします。

何事も早期発見、早期治療ですよ!

発達障害のお悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - お子さんのお悩み , , , ,