発達障害児には、保育園と幼稚園どちらがおすすめ?(問題行動への保育士のベストな対応もご紹介!!)

   

発達障害保育園幼稚園

無料おためしプラン大好評です!!発達障害を克服したいあなたを全力でサポートします!!

1.発達障害児の保育園での問題行動とは?!

発達障害児の保育園の生活はどんなものでしょうか?

やはり発達障害の症状で問題がおきているようです。

 

  • 集団行動が苦手であり、情緒面が不安定であり、パニックになったり癇癪を起したりする
  • 落ち着きがなく、動き回る
  • 他の子供たちと遊ばずに、一人でごっこ遊びをしている
  • イライラすると、他の子供に乱暴なことをする
  • 聴く力に問題があり、話を聞いていないように見える、口頭での説明を理解できない。
  • 外からの刺激を脳が全て拾ってしまい、混乱してしまう
  • 気が付くとどこかへ行ってしまうため、目が離せない

 

など問題行動は様々です。

 

初めての集団生活なので、不安でしょうがなくいつまでも親から離れようとしないこともあります。

不安のあまり泣き叫ぶ子供もいますし、4歳で人見知りする子供もいて、なかなか集団に溶け込むことが出来ません。

聴覚過敏があれば、音があちらこちらから飛び交い、音を全部拾ってしまい脳が疲れてしまいます。

 

大人でもそうですが、集団生活が苦手というのは年齢問わず共通しています。

 

 

2.発達障害児の問題行動へのベストな保育士の対応をご紹介!

↓↓保育士を30年以上やってこられた方のブログです↓↓

発達障害の子供の保育は?保育園の現状

 

・出来ないことばかりをあげつらうのではなく、保育士が明るく前向きに捉えていると、だんだんと保護者も柔らかくなってくるようです。

「前は~が出来なかったけど、今日は出来ました」などポジティブな報告をする。

 

<<対応の仕方をまとめてみました>>

・聴く力に問題があり、口頭での説明でパニックになってしまう場合は、イラストや絵を使って説明すると理解できて問題行動も減っていきます。

聴覚が弱い傾向があれば、視覚に訴えるやり方ですね。

視覚優位のお子さんの場合、「耳」からの情報ではなく、「目」から入る情報は比較的覚えやすいので、何かを伝えたい時はイラストや絵を使って説明するとすんなりと理解してくれるケースが多いです。

これにより問題行動も減っていきます。

 

・やってほしいことがある場合、「これが出来たら〇〇しても良いよ」とやってほしいことを実行できた場合に、好きなことをやらせてあげるなど報酬を与えると気持ちよくなり、言うことを聞いて確率が高くなります。

 

・約束が実行出来たら褒めること。××が出来なかったからだめだ」と叱るのではなく、少しでも出来たら、「ここまで出来たんだねと、すごいね」など褒めることです

ADHDは特に褒められると弱いです。褒めれば木に登る性質がありますので、褒めることで気持ちよくなり、また頑張ろうという気になります。

 

・何か良くないことをして、叱る時は「おだやかに、静かに」言うことです。

頭ごなしに怒るやり方は、猛反発して乱暴したり暴言はいたりしてかえって良くない結果を招きます。

また言いたいことは簡潔にした方が良いです。

ADHDの場合は、話が長くなると聞いてる途中で意識が飛んで、全く聞いてない状態になり意味がありません。

簡潔に、穏やかに伝えることです。

 

・今日の予定を前もって伝えておく。

「今日は〇〇と××をやるからね」と前もって伝えておくと、パニックにならずにすみます。

何をいつやるのか分からずにパニックになってしまうお子さんもいますので、前もって伝えておくことで安心させることが出来ます。

視覚優位のお子さんなら、予定表を作って説明すると、理解してもらいやすくなります

 

 

3.発達障害のお子さんには、保育園と幼稚園どちらがおすすめ?

↓↓誰でも入れるような幼稚園でも断れてしまった子供が保育園に入ってからの成長記録です↓↓

スカイのブログ:成長の遅い発達障害の子には保育園の方が向いてる?

 

無認可保育園のようです。

保育士の数が多くて、人数はそれぞれの年齢の子供が10人ぐらいずついて、穏やかな雰囲気だったそうです。

やることも比較的ゆるくて、しかしこの子にとってはとても楽しくやりがいがあることばかりだったそうで、3歳から卒園するまでずっと通っていたそうです。

この子には保育園のやり方があっていたということでしょう。

 

保育園の方が、のびのびとした雰囲気で自由な時間が比較的確保されています。

加配がある場合が多いので発達障害児あるいはその疑いがあるなら保育園に入れた方が良さそうです。

受け入れてくれる確率が高めです。

 

幼稚園の方は、文部科学省が管轄してるということもあり、「学校」と同じように捉えられます

なので、教育するための時間があり、じっと座って勉強する時間があります。

落ち着きがない症状がある場合、じっと座っての勉強は困難なので相性は良くないと言えます。

加配は保育園に比べると、少なめです。

障害児はお断りする幼稚園もあります。

 

園によってばらつきがあります。

保育園でも英会話レッスン、書道など幼稚園顔負けの教育プログラムを充実させているところもあります。

上に挙げたものはあくまで傾向なので、問い合わせて見学してから、判断するようにしてください。

 

 

ネット上などで保護者の多くの意見を見て考えてみると保育園の方が良いといえます。

しかし保育園に入園させるには条件があって、両親が仕事や病気などで保育が出来ないと認められた場合でないと、認可が下りにくいようです。

健康であり専業主婦では、保育園に預けることは難しい、ということですね。

 

お子さんの症状的にどんなところが向いてるのか、この園ではどんなことをやっているのかなどよく吟味して選びましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - お子さんのお悩み , , , ,