発達障害者の一人暮らしへの正しい支援を知りたくありませんか?

      2017/03/04

発達障害一人暮らし支援

無料おためしプラン大好評です!!発達障害を克服したいあなたを全力でサポートします!!

発達障害者の一人暮らしについて

発達障害者が一人暮らしを始めると、トラブルが多発します。

一度やったことを中断すると忘れてしまう、注意が散漫である、などの発達障害の特性を考えれば想像は難しくありません。

そこで一人暮らしするにあたっては支援が必要になってきます。

定期的に親に来てもらったり周囲の人が注意を配ったりすることが重要です。

スポンサーリンク

ただ、何でもかんでも手助けをしたり監視したりするのではなく、発達障害者が自立していくために手助けやアドバイスをしていくこと、これが重要なのではないでしょうか。

 

 

発達障害者には高学歴が少なくない

発達障害の中には、高学歴の方も少なくありません。

考えられる理由として、興味のあることへの集中力の高さや、受験勉強という行為が一人で行えること、突出した能力の高さが勉強にはまる場合があることなどが挙げられます。

 

また一つのことにコツコツ取り組めるアスペルガー症候群の人などは、研究職に就いているケースもあります。

 

しかし、高学歴の方でも、就職してから人間関係や仕事の処理などに支障をきたし、発達障害だと判明するケースが多いです。

 

また自分が発達障害だと知らずに普通の人と同じように就職し、仕事が続かず、職を転々とされる方もいます。

 

いわゆる大人の発達障害で多いのがこのパターンです。

 

筆者の知り合いも受験勉強は乗り切りましたが、大学に入った後に始めたバイト先での仕事の処理や人間関係に躓き、発達障害だと診断されたそうです。

 

発達障害は知的に問題がないので見過ごされがちですが、もし人と比べて明らかに自分に出来ないことがあったり、人間関係で悩んでいたら一度受診されることをお勧めします。

 

 

発達障害が甘えだと勘違いされることについて

よく発達障害者は「努力が足りない」「自己コントロール力が弱い。」といった誤解をしている人がいます。

 

例えばADHDの人のなかには、前頭葉に機能障害があるため、眠気を我慢できず居眠りをしてしまったりする人がいます。

 

しかし、それは本人の意思でコントロールできるものではありません。

 

よって甘えではありません。

 

もし誤解をしている人がいたら、「人間にとっての中枢神経である脳に障害があるため本人でもコントロールが不可能である事」を教えてあげるべきです。

 

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - お母さんのお悩み, お父さんのお悩み, 大人の発達障害 , ,