発達障害者支援法の問題点をご存じですか?

      2017/03/04

発達障害者支援法問題点

ついに完成しました!!E-BOOK「発達障害を克服して幸福になる法則」

発達障害支援法は、今まで「福祉の谷間」にいた発達障害者を、障害として認定し、理解と支援を受けられるようにしたという意義があります。
厚生労働省のHPで全文を見ることができます。

発達障害者支援法の問題点

大人の発達障害で悩んでいる人を、きちんと支援していくシステムを作るために発達障害者支援法は作られました。
この法律にはまだまだ改正の余地があると思われます。

 

その翌年、特定障害者給付金法が施行されましたが、これにはまだ発達障害についての明確な給付金についての記載等はありませんでした。

 

この法律は、理念を定めただけで、隅々までの管轄についてはっきり決まっているわけではなく、予算や必要な人員の配備については自治体任せという側面もあります。

 

今後の改正点として、課題になってくると思われます。

2013年に施行された障害者総合支援法は、社会における共生の実現に向けて、新たな障害保健福祉施策を作るための整備に関する法律です。障害者に対する法律の整備は、まだまだ進んでいる途上です。

障害者総合支援法を受けて、障害者自立支援協議会を設置する自治体も増えてきています。

 

発達障害者支援法については、わかりやすく解説してくれているサイトもありますので、きちんと勉強しておくことをお勧めします。

発達障害者支援法について知ろう

発達障害者支援法は、それまで障害と認めていなかったアスペルガーやadhdなどを発達障害と認めましたが、同時に緘黙や吃音なども発達障害に含めました。
軽度発達障害も含め、幅広い障害を含むようになりました。

 

そして、大阪に代表される発達障害者支援センターなど、支援施設の設立を定めました。2004年の公布からまだたったの10年ほどしかたっていない法律ですが、地方自治体の努力は目覚ましく、各地に支援センターが設立されました。

発達障害者支援法は、発達障害者への理解を深めるとともに、障害の早期診断や療育などを含む発達障害者支援システムを確立させることをめざしている法律です。
システムの確立を目的にしている法律ですが、この後ろには決められた規則や職場などに適合しきれない発達障害者や家族の声の高まりという経緯がありました。

 

支援法には、家族支援についても明記されています。

 

発達障害者支援法と早期発見について

発達障害支援法により、あなたが小さかった時とは幼児検診が違うものになってきています。

3歳児健診、5歳児健診の時に発達障害早期診断の試みがされるようになりました。

スポンサーリンク

直接診断をすることはできませんが、療育のきっかけになることを期待されています。

教育現場にも変化が表れつつあります。

 

今、学校の先生になろうとする学生は、発達障害についても勉強することが求められます。

発達障害は、周囲の人間に知識さえあれば、決して困ったものになりません。発達障害に限らず、すべての障害にそれは言えます。障害を「障害」にしているのは、周囲の無理解によるところも大きいのです。

とはいえ、まだまだ発達障害についての認知は狭いのでは、という感想がありますが、あなたの周りはいかがでしょうか?

 

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - お子さんのお悩み, お母さんのお悩み, お父さんのお悩み, 大人の発達障害 , ,