発達障害の女性が結婚する際にゆずれない3つのポイントとは?!

      2017/03/04

発達障害結婚

無料おためしプラン大好評です!!発達障害を克服したいあなたを全力でサポートします!!

発達障害の女性が結婚する際に気をつけるポイント

 結婚自体は発達障害があっても難しくはないようです。

しかし健常者でも同じことが言えますが結婚する前より結婚した後の方が大変です。

 

相手を選ぶところから慎重になった方がよさげです。

 

高校生の頃から28歳で結婚するまでの間

合計20人近くと付き合っていた発達障害の女性の話によると、結婚相手を選ぶ際にゆずれないポイントを3つ決めることだそうです。

 

  • 誠実であること
  • 気遣いをしてくれる
  • 尊敬できること

 

など絶対にこれだけはと思うポイントを3つ決め、それ以外の欠点は目をつぶってしまうのが吉だそうです。

妥協して選ぶと後悔するハメになります

 

発達障害があって結婚がダメに思えても

意外と波長が合う人はいるようです。

 

何か欠点をもっている人との結婚が向いているかもしれない

結婚相手も何らかの障害を持っている人とのほうが結婚は上手くいく傾向にあるようです。

これは、発達障害の人は、同じく発達障害を持つ人に惹かれるということに裏付けられています。

スポンサーリンク

あなたは、その人と言葉を交わさなくても、一緒にいるだけでなぜか心地良い経験をしたことはありませんか?

もしあれば、それが発達障害者同士、波長が合って惹かれあっているということなのです。

実際に、ご夫婦両者が発達障害者というケースが大半のようです。

 また、逆に自信満々だったり、活発なタイプなどは、最初恋愛するだけの時期はいいですが、結婚したあと、不調和が起きやすく、離婚に至る傾向があるようです。

 

やはり根本的な悩みを理解してもらえず、またこちらも相手の強気で自信満々な性格を理解できずに、お互いが磁石のように感じてしまうのです。

お互い障害があって困っていても、支えあう、やることを分担するなどで絆も深くなると思われます。

発達障害のお悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - 大人の発達障害 ,