反抗挑戦性障害の方と接するために、まず特徴を理解しましょう。

      2017/03/04

発達障害反抗挑戦性障害暴力

無料おためしプラン大好評です!!発達障害を克服したいあなたを全力でサポートします!!

ADHDや反抗挑戦性障害の人の暴力について

ADHDや反抗挑戦性障害の人は感情をコントロールする力が弱く、怒りに任せて暴言に走ってしまうこともあります。(勿論普通の人でもあります。)

 

また逆に周囲に意思表現しにくいアスペルガー症候群の人などは、感情を押し込めストレスを抱え込んでしまうかもしれません。

このように発達障害の人は感情表現において苦労してしまうかもしれませんが、どうすればいいのでしょうか?

 

私は、以下の措置をお勧めします。

  • ADHD…医師に相談し薬剤投与などで症状を緩和させる
  • 反抗性挑戦障害…病院にかかり適切な医療を受ける
  • アスペルガー症候群…少しずつ感情を表現する訓練をしていく、溜めたストレスを自分で発散する術を身につける など

上記は一例なので、自分にあった解決策で対処するのが一番です。

スポンサーリンク

もし解決策がわからない場合には、かかりつけの医師や相談機関を頼ってみてください。

 

 

発達障害のカミングアウトについて

自分が発達障害を持っていることを公表するのにはとても慎重になるべきです。

なぜなら世間には発達障害に対する偏見、差別が蔓延していますし、情報はどこで広がるか分からないからです。

大人の発達障害の方の中には、信用できると判断した極一部の人にしかカミングアウトしていない人がいます。

またその人たちとは比較的親密な仲です。

彼らはその発達障害の方を不当に扱ったりせず、理解を持って接してくれます。

 

もしあなたが障害公表するべきかどうか迷っているなら、その人の人柄や自分との間柄を考慮してみてはいかがでしょうか。

 

ただアスペルガー症候群のように、対人関係が不器用でトラブルを起こしやすかったりする場合は、思い切って周囲に公表し、理解を求めるのも手だと思います。

障害を公表することでミスや対人関係の不器用さを許容して貰える可能性もあります。

 

いずれにせよ、よく考えた上で公表するのがベストです。

 

発達障害の大人が職場でトラブルを防ぐには

発達障害の大人は職場でトラブルを起こしやすいため、職選びが非常に重要です。

向いてない職業に着くと、ストレスで二次障害を起こしたり他人に迷惑をかけたりしてしまいます。

以下に発達障害の大人に向いているとされる職種を挙げてみます。

・ルチーンワーク、在宅ワークなど(人と極力関わらずに、一人で取り組める仕事など)

 

 

逆に鬼門とされる職業

・営業(臨機応変さと接客スキルが求められるもの)。

ちなみに私の知人は自分が発達障害だと知らなかった頃に、接客のバイトに就きクビになった過去があります。

 

しかし現在は家庭教師やライターの仕事をしていますが、以前より格段にストレスが減りましたし、それなりの評価もいただいています。

 

発達障害の人は能力値の差が激しいため職選びは本当に大変ですが、適職に就ければその能力を発揮し活躍できます。

そのため、自分の特性を知ることが肝要です。

 

適職が見つからないうちは苦労するかもしれませんが、その苦労から自分の特性をあぶり出し次の職選びに生かすことができます。

 

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - お母さんのお悩み, お父さんのお悩み, 大人の発達障害 , , , , , ,