大人の反抗挑戦性障害を克服する6つの解決策に興味はありませんか?

      2017/06/07

反抗挑戦性障害大人

無料おためしプラン大好評です!!発達障害を克服したいあなたを全力でサポートします!!

投稿者;HIROTO

 

この症状は周りの理解や適切なトレーニングや治療を受ければ症状は改善していく傾向にあり、また治療をしなくても年齢とともに落ち着いていく傾向があります。

 

ですが、大人になっても症状が落ち着かず否定的になったり、反抗的になってしまう人も中にはいるようです。

 

 

・反抗挑戦性障害はADHDが根本にあり

ADHDであることを理解されず否定、叱責、嘲笑、村八分など、人の冷たい一面ばかり見させられることもあります。

良い人に巡り会えなかった。

 

 

・あらゆることがうまくいかず挫折ばかりを繰り返す

少しずつ削られていく自尊心、そんなネガティブな経験を繰り返しているうちに負の感情や経験がどんどん脳や心に溜まっていきます。

それは放っておいて消えることはありません。

それどころかどんどん蓄積していきます。

 

負の感情が溜まったまま放置すると心身がどんどんゆがんで精神疾患になる危険があります。

 

負の感情が溜まると起こることはこれは人によって違いますが

 

  • うつ病
  • アルコール依存症
  • 引きこもる

などがあります。

 

これらはどちらかというと内向的で怒りが自分に向きやすいタイプの人がなります。

 

そして・・・

怒りを外に向けるタイプは攻撃的な言動、反社会的な行動をとります。

  • 暴力、暴言
  • 悪口、陰口を言う
  • 万引き

などがあります。

 

反抗挑戦性障害は度重なる挫折、周りからの否定など人に恵まれないことの怒り、恨みが積もり積もって発症する二次障害です。

 

否定的、反抗的な言動をとることが習慣化する障害なので当然攻撃的なタイプのジャイアン型ADHDがなります。

 

とても辛い話ですね。

 

社会に出て社会人としてしっかりやっていくために出来る事、やっておきたい事

 

・まずはADHDの治療を受ける

反抗性挑戦障害の根本原因はADHDなので診察を受け、医師の処方するストラテラなどを飲んで様子を見ることから始めてみましょう。

 

・ゆがんだ見方をしていないか?

例えば仕事では、上司が仕事を教えたり、良くないところは指導して正してくれるものだと思われますが、こういった事に対しても反抗していないか?否定的になっていないか?ということです

 

なってるとしたらそれはなぜか?考えることは出来るはずです!

 

クレームを付けられた、説教されたと思うから腹がたつわけですよね。

無料で良くないところを指導してくれる教官で、その指導によって自分が成長できると思えばありがたいと思えます。

 

つまり見方を変えるわけですね。

スポンサーリンク

もちろん最初は難しいですし、やはり腹ただしさも感じます。

ですので、少しずつ、あるいは1日に1回くらい考え方を変えて少しずつゆっくりと自分に馴染ませていきましょうね。

 

・仲間を作る

やはりこれは大きいです。

発達障害当事者の集まりに参加する。

同じような経験をした人がいるというだけで心強さがあります。

人は1人じゃ生きていけません!!

 

・セラピーやヒーリングを受ける

これはスピリチュアルの分野です。

うさんくさいものも多いのであまりおすすめはしません。

 

 

自分で出来る方法もあります。

 

・気持ちを紙に書き出す

喜怒哀楽、昔の辛かったこと、嫌だったことなどを思いつくだけ書いて書いて書きまくって気持ちをスッキリさせるという方法です。

 

 

・天国言葉を言う

ありがとう、ついてるなどを唱えるというやり方です。

これは、試したことがありましたが、正直効果の程は分かりませんでした・・・

これは、感情が伴ってないと効果が無いかもしれません。

 

 

あとは社会資源を活用することでしょうか。

使えるものは使おうってことですね。

 

反抗挑戦性障害を抱えての社会参加はとても辛く険しい道のりになると思われます。

 

記事に挙げたものを、色々試してみて自分に合った治療が見つかると良いですね!

 

発達障害のお悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - お母さんのお悩み, お父さんのお悩み, 大人の発達障害 ,