言語発達障害の意外な推測される原因とは?!(治療法もご紹介!!)

   

発達障害言語

無料おためしプラン大好評です!!発達障害を克服したいあなたを全力でサポートします!!

1.言語発達障害って何?

知的障害や聴覚障害が無いのにも関わらず、言葉の遅れが出てくる障害です。

 

幼児期から発症します。

 

自閉症スペクトラムとは別の障害として区別されます。

 

言葉の遅れがあり言葉を使ってのコミュニケーションが苦手です。

 

話す方としては発音が不明瞭であり言葉に詰まってしまったり、自分の気持ちや要求をうまく表現できない、ジェスチャーを多用して説明するなどがあります。

 

聞く方としては、言葉の内容を理解できないことがあります。

 

他の発達障害が無い場合、言葉の遅れだけが目立つ特異的言語発達障害になります。

 

3歳までに〇〇食べたい、〇〇やりたいなど、2語以上話せない場合、明らかな言葉の遅れになります。

 

学童期になると、少しずつ言葉を話せるようになってきますが、文字の読み書きが苦手で同年代の子供に比べて成長が遅れていることもあります。

 

授業中などじっとしていることが必要な場面で、ふらふらと動き回ったり、集中力が無くなり上の空になるといったADHDに似た症状が出てきます。

 

集団生活に馴染むことが苦手です。

 

 

2.言語発達障害が起こる原因って何?

なぜ言語発達障害が起こるのか。

 

考えられている原因を挙げていきます。

 

難聴で、程度によりますが言葉が聞き取れないことがあり言葉の成長が遅れます

精神遅滞で全体的な知的能力が低いと、言語能力も遅れて成長します

言葉を使った交流が乏しい。

親と話す機会が少ない、保育園などで他の子供たちと遊ぼうとしない、近所に遊び相手がいないなど、人との交流が乏しく言葉でコミュニケーションを取る機会が少ないと言葉の遅れを招きます

 

不適切な養育環境で育っている

虐待をしている、テレビなどを見せて育児を放置、一人っ子で家にいる時間が多い、親子間でコミュニケーションを取ってないなど成長するのに不適切な環境にいると、言語能力が身に付きません。

情緒障害の原因にもなります

 

吃音

単語や文章などをうまく発音が出来ないため、言葉に詰まってしまう病気です。

これを言い直しさせると、強く緊張して余計に発音しづらくますます言葉に詰まってしまいます。

じっくりと聞く姿勢を取り、リラックスさせて緊張を解きほぐすようにしてみてください

せかしたり注意すると、余計につまってしまい吃音が長引く原因となりますのでご注意ください

 

 

3.言語発達障害の治療法について

医者との面談や各種検査で、自閉症スペクトラムや精神疾患など他の障害が無いかの診断を行います。

 

難聴の検査も行います。

 

しかるべき検査をしたうえで、今後の治療法を話し合って決めていきます。

 

難聴がある場合は症状が軽度な場合補聴器をつけ、言語指導を行います。

 

重度な場合補聴器を付けても、効果が無いことがありますので、小児専門の耳鼻咽喉科で治療を受けながら言語指導を行うことがあります。

 

落ち着きなく動き回るなど特定の症状に対しては薬物治療を行うこともあります。

 

言葉の遅れに対しては言語聴覚士による言語訓練を行います。

 

 

<<家庭で出来る訓練>>

 

まずは親御さんに障害がある、ということを理解してもらうところから始まります。

障害を受け入れられない方もいて、適切な指導・療育が受けられず長引く危険があります。

今後の生活次第で、症状は大幅に改善させることが出来ます。

 

 

・言葉を覚えさせる訓練をする

「〇〇持ってきて」「〇〇やって」など言葉による指示を出して、言葉を理解する訓練を日常生活で取り入れる。

絵カードを使って、言葉を覚えるトレーニングも有効。

 

・親子で保育園や地域のイベントや行事に参加するなど、よそとの交流を積極的に図り、他の子供たちと遊んだり話すといった体験を積み重ねて社会性・言葉を使ったコミュニケーションを身に着ける。

 

 

・聞く力をつけるために、ご両親がお子さんの顔を見て、短い言葉で話す、絵本の読み聞かせを行う。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - お子さんのお悩み, お母さんのお悩み, お父さんのお悩み, 大人の発達障害 , ,