日本初の発達障がい者向けがん保険に関心はありませんか?!

   

発達障害がん保険日本初

ついに完成!!E-BOOK「発達障害を克服して幸福になる法則」のお知らせ

どうも、YUUMAです。

今年の1月より、障害者向けの医療保障で知られる「ぜんち保険」から「ガン保険」が発売されました!

今まで障害者向けのガン保険が無かったわけですから、これはかなりの画期的な進歩であり、待ち望んでいた方もいたと思います。

 

そこで今回は、そのぜんちの「手をつなぐがん保険」をおすすめするポイントを交えてお伝えしたいと思います。

 

 

加入条件、告知はどうなっているの?!

発達障害がん保険告知

 

加入の際に発達障害や知的障害などの告知は不要になっています。

詳しい告知不要な病気は以下の通りです。

  • 知的障害
  • 心理的発達の障害
  • 多動性障害
  • 行為障害
  • 行為及び情緒の混合性障害
  • チック障害
  • 神経系の先天奇形
  • ダウン症候群
  • エドワーズ症候群
  • ターナー症候群
  • てんかん

 

 

 

また、障害者家族や成年後見人などが加入手続きや告知を代理ですることが可能です。

手続きや告知を代理でできる方々は以下の通りです。

  • 障害のある方のご家族
  • 成年後見人
  • 保佐人・補助人
  • 施設職員・従業員

 

ただ、加入するには「全国手をつなぐ育成会連合会」の会員になる必要があります。

 

 

おすすめする理由について

発達障害がん保険おすすめ理由

 

ここからはおすすめするポイントをご紹介します。

月掛け金の安さ

とにかく月掛け金が安い!!

障害がある方プランのベーシックプランで40歳代の方でも月々1,110円です!

以下のリンクでご確認ください。

「手をつなぐがん保険」

 

成年後見費用がもらえます

今回の「手をつなぐがん保険」には、「障がいのある方向けプラン」と「障がいのある方のご家族向けプラン」の2種類があります。

 

その「障がいのある方のご家族向けプラン」で成年後見費用が保障されています。

 

成年後見費用とは、障がいのある方のご家族や成年後見人などが、がんで所定の重度障害になった場合に、成年後見制度を利用して代わりとなる後見人を見つけるための費用です。

 

成年後見費用には、詳しくいうと以下の費用があります。

  • 申立手数料、登記手数料、鑑定費用、収入印紙代、診断書作成費用等の成年後見等の申立手続に関する費用
  • 任意後見契約公正証書作成に必要な費用
  • 法律相談費用
  • 成年後見等の代理申立および任意後見契約公正証書作成の代理手続に関する費用

 

また、成年後見費用以外にも、障がいのある方のご家族や成年後見人などが、がんと診断されたら一括で受け取れる保障金「がん重度一時金」が100万円~もらえるのも特徴です。

以下のリンクでご確認ください。

「手をつなぐがん保険」

 

 

まとめ

実際にがんに罹ると、とにかくお金が掛かります。そんな中、がんと診断されてから、入院、手術、通院、そして先進医療まで、それぞれに保障してくれる「てをつなぐがん保険」。

しかも、知的障害、発達障害者向けに日本で初めてできた保険です。

 

団体がん保険だからできる月掛け金の安さ、そして保障の良さからも、自信をもっておすすめできる保障です!

 

是非、参考にしてみてくださいね。

 

 

参考サイト

全国手をつなぐ育成会連合会の会員向けの保険「手をつなぐがん保険」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - お子さんのお悩み, お母さんのお悩み, お父さんのお悩み, 大人の発達障害 ,