受動型アスペルガーの方の適職探しの方法をご存じでしょうか?

      2017/03/04

発達障害受動型アスペルガー

ついに完成しました!!E-BOOK「発達障害を克服して幸福になる法則」

受動型アスペルガーの仕事について

アスペルガー症候群の中でも受動型は、周囲に合わせて行動しているため、一見普通に見えます。

 

が、やはりアスペルガー特有の空気の読めなさ、社交性の薄さ、能力値のばらつきなどはあるため、普通の人と同じように就職をするのではなく、特性を生かせるような仕事に就いたほうがいいと思います。

 

筆者の知り合いの友人のお父様は受動型アスペルガーですが、大学教授をされています。

 

もし自分の特性をよく知りたい方はWAIS検査をしてみてはいかがでしょうか?

 

この検査をすれば、どの分野のIQが高いのか低いのかが分かります。

例えば筆者の知り合いは言語性IQは高いのですが、動作性IQは低いです。

そのため人に説明をしたり文章を書いたりすることはできますが、家事作業は苦手です。

スポンサーリンク

このように得意不得意を理解すれば、受動型アスペルガーの人も仕事探しが楽になると思います。

 

 

発達障害の引きこもりについて

発達障害者の中には不適応や二次障害を起こし、引きこもりになってしまう人がいます。

 

障害に対する理解を得られず、社会に嫌気がさしそうなってしまう人もいるかもしれません。

 

しかし、考えてみてください。

引きこもったままで、将来は明るいでしょうか?

 

答えはNOのはずです。

 

引きこもりは老後にいくらでもできます。

 

もし今引きこもってる人がいるなら、明るい未来を掴むために一歩ずつ踏み出してみませんか?

 

筆者も発達障害者である自分を呪い、偏見と差別が溢れる社会を忌避し一度は引きこもりになりかけましたが、そんな社会に負けるのが馬鹿らしくなり、立ち上がりました。

 

だから貴方もきっと立ち上がれると思います。

 

 

沖縄や北海道に発達障害者が多いと言われることについて

よくインターネットでこのような所説を見かけますが、これは事実無根のデマです。

沖縄や北海道に発達障害者が多い(とされる)理由はないからです。

 

海外でもどこの国に発達障害が多い、といった事例はありません。

 

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - お母さんのお悩み, お父さんのお悩み, 大人の発達障害 , , , ,