大人の発達障害の学齢期の特徴を知りたくありませんか?

   

発達障害学齢期特徴

ついに完成しました!!E-BOOK「発達障害を克服して幸福になる法則」

「障害というより、独特なだけ」といわれる障害が大人の発達障害です。

 

学齢期から早期に発見される発達障害とは、どんな特徴があるのでしょうか。

 

大人の発達障害と学齢期

発達障害の疑いを小学生で持たれる子は、一種独特な子です。

勉強はできるタイプの高機能自閉症などを持っていると、さらに発達障害とは分かりにくいものです。

新生児のころはほとんど他の赤ちゃんと違いのない人がほとんどです。

 

だっこを嫌がったり、言葉が遅かったりするのも特徴ですが、発達障害がなくても言葉が遅い子もいますし、身体活動が苦手な子もいます。

幼稚園などに入る前の三歳~三歳半の検診では、重度の発達障害を除いては、ほとんど見つかりません。
「2歳児はみんなadhd」などの言葉が示すように、子どもには協調性がなかったり、身体運動が苦手だったり、人とコミュニケーションを取れなかったりするのは当たり前なのです。
小学生になると、少し事情が変わってきます。

知能指数は、だいたい10歳くらいまでは揺れ動くものですが、10歳を過ぎると固定化してきます。

抽象化された概念を理解できるようになる「9歳の壁」という壁がありますが、そのくらいの年でだいたい違和感を感じるようになってきます。

 

大人の発達障害と思春期

大人の発達障害でお悩みのあなたは、どのような思春期を過ごしたでしょうか?

異性を好きになってもどういう行動を取ったらいいかわからずに、かえって嫌われてしまったりしたことはありませんか?

発達障害は自分を客観的にみられないために、相手からしてみると、距離が近すぎて嫌悪感を持ったなどという負の感情になってしまうことが多いようです。

大人になるとうまくいくようになるかというと、そうはいきません。

仕事がうまくいきにくいという特徴があります。

人との距離感、人の考えていることを想像することがうまくいきませんので、結局職場に不協和音を生み出してしまうのです。

ここまで発見されにくい発達障害としては、高機能発達障害や広汎性発達障害があります。

 

広汎性発達障害の特徴は、「手がかからない子だった」という親の意見が多いことです。

人とかかわらなくても平気なため、社会に出てもそれは変わらず、マイペースを押し通してしまうのです。

「高機能」とは、知的障害を持たない発達障害のことです。

あなたが思い当たることがあったら、診断は受けてみましたか?ネット上の診断やチェックなどでは、「発達障害の傾向がある」とは言えても、「発達障害だ」とは言えません。

思い当たることがあったら、病院で診断を受けましょう。

大人の発達障害と高齢者

大人の発達障害という概念そのものができたのが、結構障害者福祉の世界では最近のことです。
なので、発達障害を持っていてもそのまま高齢者になってしまっている方はもちろんたくさんいます。
今の高齢者のほとんどは、高度経済成長時代に働いていた人たちです。

高度経済成長時代は右肩上がりでしたから、社会全体に勢いがありました。

多少仕事ができなくても、人間関係に問題があっても、大きな枠の中で自由がきいたのです。

人間の許容範囲が広い時代でもありました。

なので、仕事を選ぶこともできました。

今のような就職難の時代の真逆だったからです。

仕事を選ぶことができれば、自分に向いた職業につくことはできます。

自分の性格や特徴を良く生かして仕事につけた人は、きちんと退職まで勤め上げました。

求職に余裕はない時代ですが、今の高齢者の生き方から学ぶことは多いです。

 

自分に合った仕事につけば、定年まで勤め上げられるという立派な見本だからです。

 

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - お子さんのお悩み, お母さんのお悩み, お父さんのお悩み , ,