発達障害を乗り越えていくにはどうすればいいのでしょう?

      2017/03/04

発達障害大人子供克服

無料おためしプラン大好評です!!発達障害を克服したいあなたを全力でサポートします!!

発達障害を乗り越えていくには

大人の発達障害の方はその特徴や症状で悩まされることは多いと思います。

しかし発達障害自体あなたの人生と深くからんだ障害であり、個性とも言えるものです。

 

だから全てが悪いと思って責めるのはやめた方が良いでしょう。

気付かないとはいえ大人の発達障害を抱えて生きたあなたには、独自の感性や考え方など普通の人にはないものもあったはずですから。

社会生活や自活のために治療し、環境を整えたり、心理療法で考え方の矯正したり。

 

どうしても抑えられない症状には薬を飲むこともあるでしょう。

けれど一番大事なことは大人の発達障害を否定せず、手をつなぐことではないでしょうか。

スポンサーリンク

大人の発達障害の存在を認め、受容することがとても大切です。

 

 

子供の頃から続く、発達障害

大人の発達障害のあなたに一つ、お聞きします。

 

その特徴や表情は幼い頃から、変化しながら続いてきたものではないでしょうか?

 

大人の大人の発達障害の方は幼い頃から、発達障害の特徴を持っています。

 

こだわりが以上に強かったり、忘れ物が多かったり。

そそっかしい等。

コミュニケーションで大事な会話でも、思ったことをすぐに口に出してしまったり、逆に冗談が分からなかったりして苦労したことがあるでしょう。

 

ただ日本の社会だと成績に問題はなく、素直な人格が認められてちょっと変わった感性を持っていると考えられてしまうことがあります。

 

また一昔前だと、障害の検査を受けても、障害の特徴は見られても知能に問題はないため、障害と健常の狭間にいると診断されることもあり、それが本人の生き方にも影響し、家族も障害者にはしまいと気を張ってしつけをするということもあったのです。

 

 

大人になってから気付く発達障害

大人の発達障害の方が、生き方に悩み出すのは、成人になって自活をしたときではないでしょうか?

一人暮らしをはじめたときに、優先順位を決められず、家事をきちんとやることが出来ない。

そのため部屋は汚れ、食事もちゃんとしたものを作れず、コンビニに頼ってしまい体の調子を崩すことがあるでしょう。

そうして周囲の人は大人の発達障害のあなたをいい年をしてだらしないと白い目を向けることもあるでしょう。

 

また仕事をしても、ケアレスミスが多かったり、特定の仕事にこだわってしまい、職場の雰囲気や自信の信頼を損なってしまうこともあるでしょう。

 

大人の発達障害を改善を目指さない限り、仕事の上でも生活面でも多大な支障が出てしまうのです。

 

発達障害のお悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - お子さんのお悩み, お母さんのお悩み, お父さんのお悩み, 大人の発達障害 , , ,