大人の発達障害の暴言を吐くことへの対処法とは?!

      2017/04/15

発達障害大人暴言

無料おためしプラン大好評です!!発達障害を克服したいあなたを全力でサポートします!!

大人の発達障害と暴言

大人の発達障害の方で、自分の発言について悩むことはありませんか?

特に感情を高ぶらせて、人に暴言を吐いてしまうと言うことはないでしょうか?

大人の発達障害の方には自分の感情の自制や、考えるよりも先に言葉を発してしまう特徴の方がいます。

 

例えば苦手な人、嫌いな人から説教を受けた際に、自分が悪いのにもかかわらず、感情を高ぶらせて暴言を吐いて、周囲の顰蹙を買ってしまう。

暴言はどんな理由があれ周囲の信頼を失ってしまうものです。

けれどどうしても何度も繰り返してしまうということもあるでしょう。

大人の発達障害の一つであるADHD(注意欠陥多動性障害)には強い衝動性があります。

これが自分の感情が自制できなかったり、余計なことを言ったり、感情を高ぶらせすぎて暴言を吐くことに通じてしまうのです。

 

 

大人の発達障害の暴言を吐くことへの対処法

大人の発達障害の方が暴言を吐いてしまうのは、けして大人になってからだけではなく、子供の時からもあったのではないでしょうか?

 

発達障害はほとんどが乳幼児以前から起きています。

大人の発達障害を持つ方がそういう経験をしている割合は高いでしょう。

それを周囲はテレビや漫画の影響だと思っていたのかも知れませんが、実際はADHDの多動性(衝動性)が起こしているのです。

自分というものを持つ以前からのことにどうしたらいいと思うでしょうが、対処法はあります。

スポンサーリンク

まずは病院に受診することが大事です。

時間がかかると思いますが、大人の発達障害であることを確定させます。

ADHDの場合には、症状を軽くする薬がありますのでそれを飲んでみてはいかがでしょうか?

 

もちろん薬だけの治療では行動を抑えきれないこともあるので、認知行動療法の一つであるSSTを受けることも手です。

 

 

大人の発達障害に関する兵庫県の病院状況

大人の発達障害の一つであるADHDは、その薬を出している医薬品会社からADHDの治療が出来る病院が検索できます。

兵庫県の現状としては百件ほどの登録状況のようです。

 

しかし病院によってや医師によって診察や診断が変わってくるので、事前に病院についてホームページで確認すると良いでしょう。

 

ADHDの多動性は本当にやっかいなもので、これで職を何度も変えたということもあったでしょう。

しかし薬や訓練で改善が見られるものでもあるので、諦めずに少しずつ自分を変えていく努力をしてみるのも良いでしょう。

またインターネット上にはブログなどを通じてADHDについて訴えている方もいらっしゃるので、それを見てみるのも良いでしょう。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - お母さんのお悩み, お父さんのお悩み, 大人の発達障害 , , ,